パワーストーン必殺石置き人ブログ

ショップの裏側を書く
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セレブ!セレブ!セレブ! | main | 一日散歩。山と海 >>

今日は神戸へ、そして中国の想い出

JR神戸駅
今日は神戸へ仕入れだ。

相手は中国の人。日本語がちょっと曖昧なのでコム(コミュニケーション)がアウトしやすい。

こちらの言ったことが分かっているのかそうでないのか、判断に苦しむ。
と言いますか、中国の人でなくても外人さんというか異文化の人とビジネスをするときには日本流のやり方はまったく通用しないのです。

と言えば、中国。私直美はもうだいぶ前になりますが中国の上海〜蘇州を旅しました。列車の個室キップを買っていたのが、ダブルブッキング。ガイドの中国人の人(これは私の知り合いで日本語ペラペラね)が、車掌さんと話が通じません。北京語と上海語で意思の疎通がムリなんですね。

帰りの列車ではしいて個室でなく、普通の席。私は外国へ行くと、できるだけそこの文化に触れたいですからレストランも普通の食堂、そして列車でも普通席に乗ってみたいと思うのです。

で、お客さん満席。外国人は私だけ。でまあ私は色々観察します。何を見ているのだろう?何を食べているのだろう?何を読んでいるのだろう。

見ていると、食べ物のゴミはどんどん床へ捨てるんです>中国の列車。

ピーナツのカラやらアメの包み紙なんかでそりゃすごい状態、ばんばん捨てます。半端な量ではないです。自分の足下はもちろん。通路も床が見えないくらいあっと言う間にゴミだらけ。

「こりゃすごい国だ」と思っていたのですが、しばらくすると「掃除人」がやってきます。

掃除人はホウキとチリトリでえらい勢いでゴミをはいては袋づめを繰り返し、あっと言う間に列車一両のゴミ掃除完了。

あーそういうやりかたもありか、うううむ。

と見る間に新しいゴミがポイポイ捨てられていきます。

考え方がまったく違う。

「考え方がまったく違う」ことを知ることは面白いのです。
直美日記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

中国人の問屋さんとの会話は、まだ漢字や簡単な英語で何とかなります。

でも・・もう一つの問屋さんは、サリー姿も美しい「インド人」
漢字も英語も通じません・・(^_^;)

でも..お互いが繰り返す「愛想笑い」で何とか円満交渉できているようです。

「なせば、成る!! 」かな?(^◇^)
セレ | 2005/09/21 12:37 AM
それではあの綺麗なランパラはサリー姿の方から仕入れてるんですね。なんかはるばるって感じが凄い伝わるー!
ちゃこちゃーん | 2005/09/21 12:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powerstone.jugem.jp/trackback/24
この記事に対するトラックバック
つぶやき