パワーストーン必殺石置き人ブログ

ショップの裏側を書く
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ダイヤモンドリング完成! | main | アクアマリンの2連ブレスレット >>

ルビーのリング作り・その1

JUGEMテーマ:パワーストーン

私用のラッキーストーン「ルビーのリング」の制作中。

石座が小さいと銀線を丸く曲げるのが大変だけど、ここは「身につけたい!」との欲求?でクリア(*´∀`*)

曲げた後に待ち構える「ロウ付け」

彫金には欠かせない作業。

バーナーがへっちゃらになる日が来るんだろうか。

身につけたいなら、やるっきゃない!と「恐怖心VS欲求」の微妙なバトルが。。(; ^ω^)

完成した石座が計算通りなのか「コンマ2桁」まで計測してチェック。

この微妙な数字を放置すると、後で泣く羽目になるので、誤差は小さいうちに修正すべし

自己チェックの後には、森先生による厳重チェック。

まだまだ一発OK!には程遠いレベルだから、先生の口が開く瞬間まで┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

ルビーをのせる石座ができると、次は「ルビーを固定する爪パーツ」作り。

「この四角い銀棒が直径1ミリ以下になるのか?」と不安を抱えつつ、線引き作業へと。

コツコツとした作業だけど、一緒にガンバる友人たちの姿に元気と笑いをもらえるから不思議〜(*^_^*)

ある程度まで細くなったところで、四角形を叩いて、歪みを整えながら「八角形」へと。

ここまでくると線が細いから、掴んでいる指に妙な力が入り、突然ツルのです (;゚∀゚)

工房の中でも「異例の厳つさ」を漂わせているものの一つ。

ここから先は、線引きマシンの力を借りて楽々か!?

と思いきや、まだ新しいマシンは「あたりが固い」

というわけで「これから毎日、線を引いてあたりを柔らかくして」とお願いだけはしておいた(*´∀`*)

「キツいのは1ミリまで。それを過ぎたらやりやすくなる」

先生の言葉を頼みの綱に、何とか直径1ミリまで到達 (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

ここから先は、やすり、線引き板、プライヤー、お風呂場の椅子、微妙な体重移動etc...と自力が頼り。

 

「とてもじゃないけど見られたくない姿」なので、写真は自主規制します (≧∇≦)

 

やっとのことで直径0.6ミリの銀線を完成させて、まずは石座に爪を1本だけロウ付けして時間切れ。

12月のレッスンでは、残りの爪3本をロウ付けして、リングベース作りに取りかかりたい。

リング部のデザインをどうしようかなぁ (*^_^*)

店長日記・今日のセレさん | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









つぶやき