パワーストーン必殺石置き人ブログ

ショップの裏側を書く
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桂米朝一門会 落語会 神戸文化ホール | main | フジ子・ヘミング 運命の力 を読む >>

山で魚を釣るリフレッシュ

2月と言えば、年間を通じてお客様のフルオーダーは最も難しい内容になることが多いです。冬の間、日照時間が短くなってセロトニンの分泌が減って限界点に達していること、そして人によっては花粉症が始まる時期に一致するわけです。

で、セレさんと私直美は気分転換と称して自然に触れ合いに釣りに行くのでした。

冬の間は、低水温でも元気な魚トラウト(マス類)を釣りに行きましょう。

下の画像は天然河川を利用した管理釣り場。京都府と滋賀県の間にある山間部。真冬には氷がはるほど寒くなるところです。でも元気のよいレインボートラウトがたくさんいます。
なごみの湖1
レインボウ
これがレインボートラウト,日本で言うニジマスです。



セレさん釣り

自然の中の中に立つと、それだけでグラウンディングになります。この釣り場は特に静かで、平日は貸し切り状態になることもあり。本日は私とセレさんだけで2時間に50匹以上釣ったかなあ。

ググっ,バシャバシャ!の繰り返し。糸の先の生命感。この生き物感がなんとも言えません。

気温は6度ですが、このあたりの山奥ではもうウグイスが鳴き出しているそうです。春はまじかです。
店長日記・今日のセレさん | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ご無沙汰しております。
凄い綺麗なマスですね。
写真で見ても、キラキラ加減が凄い!
でもやっぱり50匹以上っていうのは腕がいいんですね♪
ちゃこちゃーん | 2006/02/26 7:09 PM
あ、お久しぶりです。
きれいなマスでしょ。ここの魚はコンディションが良いのも特筆ものです。いやあ50匹は何か妙に特別に活性が高かっただけのようです。派手なルアーにならなんでも食ってきました。
直美 | 2006/02/26 8:21 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
つぶやき